入居のしおり(1)「契約書等は大切に」【2019/06/22(土)更新】入居のしおり(1)「契約書等は大切に」 |西大島の賃貸は大雄開発

江東区のお部屋探しは大雄開発(株) 大雄開発の賃貸 地域密着44年住まい探しのパートナー
賃貸ブログ 開発ブログ お問い合わせはこちら
サイトメニュー
  • 入居のしおり(1)「契約書等は大切に」

    2019/06/22(土)



    賃貸で借りるお部屋が決まり、契約に至ったお客様には「入居のしおり」という物をお渡ししています。

    しおりの内容ですが、「入居の準備編」、「居住編」、「過去準備編」、「資料編」の4編に分かれ賃貸住宅入居の際の暮らしのヒントが紹介されています。

    しおりは全18ページでさらっと読める内容になっており、賃貸物件を借り、生活する上での注意点やルール、それと万が一のアクシデントについての対処法などが書かれているので、このしおりを貰ったら一通り目を通して頂きたいなと思っていますm(_ _)m

    せっかくなのでしおりの内容を少しづつ当ブログで紹介していきたいと思います
     

    入居のしおり(1)
    ~入居準備編~「契約書等は大切に保管」

    賃貸借契約書は大切に保管し、何かあったらすぐ取り出せるところに保管しましょう。

      賃貸借契約書には、借主と貸主(大家さん)が交わした約束ごとや住居で生活するに際してのルールが書かれています。特にペットの飼育やピアノ等の使用など制限されている場合がありますので入居前には、もう一度『賃貸借契約書』の内容をよく確認し、約束ごとやルールに則した生活をするようにお願いします。
      また、『賃貸借契約書』は、あなたがその住居に住むことを証明する書類です。契約の際に受領した『重要事項説明書』等と一緒に大切に保管してください。
    ※『重要事項説明書』とは宅地建物取引士が、宅地建物に関する一定の事項、権利関係・取引条件等を説明し、記名押印した書面です。



    >賃貸借契約書には、借主と貸主(大家さん)が交わした約束ごとや住居で生活するに際してのルールが書かれています。
    物件毎に約束ごとが違っていたりします。
    賃貸は何回も借りているから何も見なくても、知らなくても平気。と思わず細かな所も一度は確認しておきましょう。

    >特にペットの飼育やピアノ等の使用など制限されている場合がありますので入居前には、もう一度『賃貸借契約書』の内容をよく確認し、約束ごとやルールに則した生活をするようにお願いします。
    ペット可物件、楽器可な物件などございますが、その飼育方法や、利用法に関してもルールが付加されているかも知れません。契約時にも説明はありますが、契約書で再度確認してみましょう。
     

    スーモに契約書の見方の説明が載っているページがあったのでこちらもご参考ください。

    suumo - 賃貸借契約書とは!? 契約後のトラブルを防ぐための読み方講座
    https://suumo.jp/article/oyakudachi/oyaku/chintai/fr_other/chintai_keiyakusyo/