初春にご利益 深川不動堂【2018/1/20(土)更新】初春にご利益 深川不動堂 |西大島の賃貸は大雄開発

江東区のお部屋探しは大雄開発(株) 大雄開発の賃貸 地域密着44年住まい探しのパートナー
賃貸ブログ 開発ブログ お問い合わせはこちら
ブログの一覧へ戻る
  • 初春にご利益 深川不動堂

    2018/1/20(土)

    新春はパワースポットで開運! 深川不動堂

    ■所在地 東京都江東区富岡1-17-13
    ■アクセス 【電車】東西線「門前仲町駅」1番出口徒歩2分、都営大江戸線「門前仲町駅」6番出口徒歩5分



    壁が梵字で埋まっている新本堂は2011年に完成し(写真左の建物)、毎日9,11,13,15,17時には真言密教の秘法である護摩修行が厳修されます。

    護摩は不動明王の前に設けられた護摩壇に様々な供物と護摩木をくべてご本尊に捧げます。燃え盛る火炎は不動明王の智慧そのものであり、煩悩を清らかな願いへと高めて成就させる力を持つといわれています。

    新本堂は外壁に不動明王の真言が梵字で刻まれている斬新なデザインで、まるで美術館の建物のようにも見えます。落成式が行われた時には大変話題になりました。この梵字は不動明王真言で、一面に張り巡らされており、強力な結界効果があります。

    ●ご利益
    心願成就(願い事が叶うこと)
    勝負必勝
    立身出世
    商売繁盛
    家庭円満
    病魔退散(病気にかからないこと)

    ●ご本尊:不動明王
    成田山新勝寺の不動明王の御分霊(大日大聖不動明王)。
    不動明王は、煩悩と迷いを断ち切り、厳しくも正しい道へと導く明王です。

    深川不動堂では、1年を通して色々な年中行事が行われています。毎年2月15日に行われる開運出世稲荷例大祭のように、特別なお札が授与される行事もあり、観光客だけでなく地元の方にも人気です。

    行事が行われる日は、門前町である人情深川通りも賑わいます。寺院の行事日とは別に門前町は毎月1・15・28日に縁日が行われているので、それに合わせて訪れるのもおすすめです。この日は寺院も20時まで開かれています。


    ■境内の見どころ

    深川龍神

    境内を入って左側に深川龍神があります。水鉢に「龍神願い札」を浮かべてご祈願すると御札は水に溶け、願い事が龍神の許に届くといわれています。


    本堂
    開創310年記念事業として建立された新しい本堂です。
    外壁はお不動様のご真言に包まれた「真言梵字壁」で、仏の力に守護された空間となっています。本堂内はバリアフリーが採用され、段差の少ない構造です。


    旧本堂
    平成23年4月までの本堂です。
    現在は江東区の指定登録文化財となっており、区内最古の木造建築といわれます。


    内仏殿
    旧本堂の後ろにある内仏殿では、諸仏諸尊をお祀りしております。1階、2階、4階とそれぞれお参りいただけます。


    開運出世稲荷
    境内に入るとすぐ右側に、総檜造り檜皮葺きの社殿があります。
    開運成就のご利益があるとされます。

    深川不動堂 [http://www.fukagawafudou.gr.jp/]
    ■所在地 東京都江東区富岡1-17-13
    ■アクセス 【電車】東西線「門前仲町駅」1番出口徒歩2分、都営大江戸線「門前仲町駅」6番出口徒歩5分

    深川不動堂がルートに含まれた、江東区文化観光ガイドによる「まちあるきガイドサービス」も行われているようです!深川門仲ご利益コース のマップがこちら↓のページでPDFでダウンロード出来ますのでご興味がありましたらご覧下さい。
    http://koto-kanko.jp/guide/guide_tour01/