東京湾の埋立地はどこのもの?【2017/10/05(木)更新】東京湾の埋立地はどこのもの? |西大島の賃貸は大雄開発

江東区のお部屋探しは大雄開発(株) 大雄開発の賃貸 地域密着44年住まい探しのパートナー
賃貸ブログ 開発ブログ お問い合わせはこちら
ブログの一覧へ戻る
  • 東京湾の埋立地はどこのもの?

    2017/10/05(木)


    京湾の中央防波堤内側埋立地を巡り、江東区と大田区が帰属を主張して対立しています。
    中央防波堤内側埋立地は、大半はごみ処分場になっており、区間の境界が未画定のまま40年以上が経過していました。都は約500ヘクタールの土地のうち、約9割を江東区、約1割を大田区とする調停案を両区に提示しました。(10月に正式に公表される予定)
    40年以上に渡る対立もようやっとの終止符なるか?
    しかし、江東区、大田区、それぞれにも主張があり異論が出る可能性もありそうです。

    江東区は、都内のごみの受け入れに協力していた経緯があり、大田区には、ノリ養殖で住民が生計を立てていた歴史などを訴えて来ました。

    中防には人は住まず、税収増にはならないのですがそれでも両区が譲らないのは「五輪遺産(レガシー)」のブランド力を活かして区の沿岸部と一体開発し、雇用増や観光振興につなげたい為です。

    中防の間の水路は2020年には東京五輪・パラリンピックの会場「海の森水上競技場」が整備されます。その為、20年までの協議決着を目指しているようです。

    【関連リンク】 江東区 - 中央防波堤埋立地の帰属について
    http://www.city.koto.lg.jp/010121/kuse/shisaku/torikumi/70678.html